風水トイレに良い色の壁紙を

トイレ

風水を意識してトイレに適した色の壁紙を使った運気アップがオススメ!

「トイレの神様」という歌の大ヒットやトイレをきれいにすると金運が上がるということが流行し、トイレ掃除を頻繁に行い、常にきれいにしておくということは多数の方がやられているのではないでしょうか。

風水的にはトイレをきれいにすることはもちろんですが、それに加えて「方角によって適した壁紙の色」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

トイレ掃除に加え、「方角に適した色」を加えることで更に風水効果が得られるからです。

今回はトイレの方角とそれに適した壁紙の色について解説いたします。

色の変化で気分を変えることが出来ますし、清潔感がいっそう増すかもしれません。

ぜひ最後までご覧いただきトイレ風水のお役に立ててください。

スポンサーリンク

風水でトイレは健康運を司る場所!

トイレといえば金運というイメージが強くありませんか。

トイレは常に水があるため「水」の気の場所になります。

トイレは不浄の場所とも言われ、汚れると水から水毒が生じ、これが運気を下げると言われているのです。

トイレは金運にも影響する場所ですが特に影響が大きいのは健康運になります。

風水では、きれいな水は「正陰」で金運を運んで来ますが、汚水は「邪陰」で災厄を運んで来ると考えられており、水洗トイレが普及した現在でもトイレの水は「邪陰」の気を発しているとされているのです。

私はトイレの蓋を開けたままにしていましたが、風水を知ってからは必ず蓋を閉めるようになりました。

悪い気は出来る限り封印しておきたいですよね。

関連記事:運気が上がるトイレマットの素材

風水ではトイレに吉方位は存在しない!

トイレは間取りで一番難しい場所とされています。

陰の気がこもる場所であるため、吉方位が存在しないと考えられているからです。

そんな中でもトイレを置いてはいけない凶の方位と比較的に影響の少ない方位があります。

特に避けた方がいい方位は以下の3つです。

①鬼門(北東)・裏鬼門(西南)

②家の中心

③玄関の真向かい・真上

今や賃貸や建売住宅の間取りには風水や家相を取り入れており、トイレの位置は考慮されていますので避けた方がいい方位に設置されているケースは少ないと思います。

万一、現在住んでいる賃貸住宅や建売住宅でトイレの位置が悪いと後から分かっても、どうすることも出来ませんよね。

この様な場合はトイレ掃除や換気を頻繁に行い、芳香剤や観葉植物などの、風水アイテムを置くことで悪い気を軽減させることが出来ますので実践してみてください。

関連記事:風水 トイレの観葉植物 おススメ5選 金運・恋愛運・健康運アップにも最適

 

私の家の2階のトイレは北側にありますが方位を気にしたことはありませんでした。

冬には寒さが原因で脳卒中や心筋梗塞で倒れる人が多いことから、北側の寒いトイレは凶とされていることを知ってからは、マットやふかふかのスリッパを置いて寒さ対策を取っています。

風水で悪い気を軽減させるには掃除や換気が重要ということを知り、今まで以上に掃除をやるようにもなりました。

トイレは陰の気がこもる場所ですので常にきれいにしておきたいですよね。

 

 

風水ではトイレの方角によって適した色が存在する!

風水ではトイレの方角によって適した色というのがあります。

こまめに掃除をして常にきれいにしておくことも重要ですが、トイレの位置に適した色を取り入れることで更に風水効果を得ることが出来るでしょう。

下表はトイレのそれぞれの方角に適した色になります。

絶対にこの色でないとならないというものではありませんので、あくまでも参考にしていただき、自分の好みや風水効果に合わせて壁紙などの色を決めてみてはいかがでしょうか。

トイレの方角 適した色(風水効果)
白・パステルグリーン(健康運)、ピンク(恋愛運)
北東 黄色(金運)、ラベンダー(健康運)、赤(恋愛運)
白(健康運)、黄色(金運)
東南 パステルグリーン(健康運)、ピンク(恋愛運)
ピンク(恋愛運)、黄色(金運)、ラベンダー(健康運)
南西 ベージュ(家庭運)、黄色(金運)
西 黄色(金運)、ベージュ(家庭運)
北西 白(健康運)、黄色(金運)
中央 赤(恋愛・仕事運)、白・ラベンダー(健康運)

飲食店のトイレに入った時のことですが、きれいに掃除がされており、芳香剤でいい香りが漂っていましたが、なぜか落ち着かなかったことがあります。

今思うとトイレの壁の色が黒だったのが原因ではないかと思っています。

黒という壁紙の色は威圧感がありますし、トイレの壁紙の色としては馴染みがない色ですよね。

壁紙の色によって感じ方がこうまで違うのかということを実感したような気がします。

また、今まではトイレをきれいにすることや消臭剤を置いて臭わないようにすることを優先していましたが、風水を知ってからはトイレの壁紙の色も意識するようになりました。

トイレの壁紙の色をトイレの方角に適した色に変えたりしています。

トイレが不浄の場所であることには変わりはないですが、壁紙の色を変えることで気分転換にもなり、良い運気が巡るかもしれませんね。

壁紙を使って風水の色を取り入れてみよう!

便座カバーやマット、スリッパやタオルなどもトイレの方角に適した色にすることで風水効果は得られますが、壁紙を使って壁全体の色を変えるという方法もあります。

トイレ全体のイメージが、壁紙の色によって変化するため、方角や求める風水効果に適した色の壁紙にすることで、運気アップに繋がるでしょう。

ペンキで塗るのと違って、壁紙はテープ式ですので後で剥がすことが出来るため、色を変えたいと思ったときに手軽で便利です。

私も壁紙を貼って北側のトイレの壁の色をパステルグリーンに変えてみました。

健康運の風水効果がある色ですので気持ちの上でも健康になった気がしています。

<スポンサーリンク>

トイレ風水を取り入れてあなたも運気アップをしよう!

トイレの色の風水はいかがだったでしょうか。

汚いイメージの強いトイレだからこそ、毎日こまめに掃除や換気をしてきれいにしておきたいですよね。

トイレの壁紙の色によって、中に入ったときの感じ方は人それぞれだと思いますが、暗い色よりも明るい色の方が清潔感もあり落ち着くのではないでしょうか。

あなたも是非、これを機にトイレの壁紙の色を見直してみてはいかがでしょうか。

➡トイレを浄化する方法

➡トイレマットの見直しをしてみる

タイトルとURLをコピーしました