風水でトイレの観葉植物おススメ5選 金運・恋愛運・健康運アップにも最適です! 

トイレ

風水において、陰の気が溜まるトイレは不浄の場所とされています。
家族の健康運にも大きなかかわりがあると言われ、いかに陰の気を浄化するかが、風水でのポイントとなります。
臭いや汚れをそのままにしたりしない、掃除道具やトイレットペーパーのストックを出したままにしない、など常にトイレを清潔に保つことは運気をアップさせるための基本です。

さらに、風水の考え方で重要な、トイレが位置する方角や、トイレの窓の有無なども運気を左右する要素ですが、これらは物理的に対策のしようがない項目でもありますよね。
そこで、ここでは手軽にトイレの悪い気を浄化できるとされる観葉植物の効果的な使い方についてご紹介したいと思います。

観葉植物の種類により、育て方も違えば、運気を高める方角の違いもあります。
風水の効果をより高めるための参考にしてみてください。

スポンサーリンク

風水でトイレに観葉植物をすすめる理由

古来トイレは悪いものが溜まる場所なので、家屋の中ではなく、外に設置されるのが当然でした。
現代と違って水洗ではなかったので、臭いもするし清潔とは言えない場所ですから、確かに家の中にあったら嫌だなーと思ったりします。
以前はトイレのことを不浄・不浄場と呼ばれていたこともあったくらいですから、古くからトイレは陰気なイメージがあったわけですね。

今でこそ家屋の中にトイレがあるのは当たり前ですが、水洗トイレであっても、風水では汚水として捉えられ、邪気を発する場所と考えられています。
じゃあトイレを無くしてしまおう! ってわけにはいきませんので、浄化作用があるとされる観葉植物が活躍するわけです。

トイレは限られた狭いスペースで、どうしても殺風景になりがちですから、観葉植物を置くことで雰囲気が華やいだり、清潔感が感じられたりというメリットもあります。
風水の効果もしっかり取り入れて、観葉植物で運気アップを実感したいものですね。

ここからは、観葉植物をトイレに置く場合のポイントについてご紹介していきます。

浄化作用のある観葉植物はこちら

トイレに良い観葉植物 風水を意識した選び方

間取りによってはトイレに窓がなかったり、あっても日当たりが悪かったりと、植物を置くには良い環境とは言えません。
物を置くスペースもあまり無い場所ですので、観葉植物は小さく、耐陰性のあるものがおススメです。

風水の考え方では、尖った葉の観葉植物は邪気を払う効果が、丸い葉の観葉植物は気を静める効果があります。
どんな効果をもたらしたいかに合わせて、適切な観葉植物を選んでいきましょう。

風水で健康運アップ! トイレにお勧めの観葉植物その1 サボテン

健康運アップでおススメの観葉植物にはサボテンがあげられます。
サボテンのトゲは尖った葉の観葉植物同様、風水では邪気を払う効果があります。
大きいものではなく、小さいサイズのサボテンをトイレに置くのが、風水的にはおススメです。
小さいサイズの物もたくさん種類がありますし、ユニークな形もトイレの空間を和ませてくれる要素になりますね。
私も何種類か置いて、トイレの空間演出を楽しんでいます。

 

 

サボテンの育て方

サボテンは季節によって水やりの頻度が違います。
春と秋は2週間に一回程度、夏と冬は月に一回程度を目安に水やりをしましょう。
水やりの方法は、霧吹きなどではなく、鉢の淵までのたっぷりの水を与えます。
水受けに溜まった水は、根腐れの原因になってしまいますので、必ず捨てるようにしましょう。

適度な日光も必要になりますので、少し日の当たるトイレの窓側に置くのが理想ですが、トイレに窓がない場合はサボテンにも日光浴をさせてあげましょう。
換気も忘れないでくださいね。

風水で健康運アップ! トイレにお勧めの観葉植物その2 シュガーバイン

シュガーバインも葉っぱの形がギザギザしていて、風水では邪気を払う効果がある観葉植物です。
気の流れを循環させて、トイレに溜まりがちな悪い運気を払ってくれるのと、見た目が爽やかな印象なので、リラックス効果も期待できます。
強い直射日光は苦手な植物で、ある程度の耐陰性がありますので、シュガーバインはトイレに置く観葉植物として適していると言えますね。

 

 

シュガーバインの育て方

シュガーバインは、土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えます。
土が湿ったままの水やりや、受け皿に水が溜まったままだと、根腐れを起こしてしまいますので気を付けてください。
暑い時期は、害虫予防にもなりますので、霧吹きなどで葉水を与えましょう。

シュガーバインは直射日光には弱いですが、天気のいい日には外の日陰に出してあげると生育がよくなりますよ。

 

風水で金運アップ! トイレにお勧めの観葉植物その3 モンステラ

モンステラは熱帯地域原産ですが、ジャングルの茂みのような薄暗い場所で生育していましたので、ある程度の耐陰性と丈夫さがあります

モンステラは独特な葉っぱの形で、小さいうちはハート型、大きくなると切れ込みが入ってエキゾチックな形状になります。
全体的には丸みを帯びているので、気を静めリラックスさせる効果があります。物欲なども静まり、無駄な出費なども減少して、財を築けるような運気にしてくれます。
加えて邪気払いの効果もあるので、運気の底上げ効果も期待できます。
エキゾチックなトイレというのも、個人的には心を揺さぶられるものがあります笑

風水的に金運効果を高めるためには、トイレの北側に置くといいでしょう。

 

モンステラの育て方

モンステラは夏場と冬場で水やりの目安が違います。
夏場は土の様子を観察して、表面が乾燥してきたら水やりをします。
鉢の底から水が出る程度で大丈夫です。

冬場は土の表面が乾燥してから3日~4日経過してから水やりをします。
冬場は葉っぱの乾燥を防ぐために、霧吹きで葉水をしましょう。

モンステラは寒さが苦手ですが、暖房を直接当てたりすると葉の乾燥、土の温度過剰により弱ってしまいますので気を付けましょう。

 

風水で金運アップ! トイレにお勧めの観葉植物その4 パキラ

パキラは「発財樹(Money Tree)」という別名もあり、金運アップのための観葉植物と言っても過言ではありません。
この別名は、風水からではなく、パキラを売ったらお金持ちになったという言い伝えから来ているようです。
金運アップの幸運な木ということで、「マネーツリー」。
パキラの葉っぱは細長く、手のひらを連想させるので、手のひらにお金が貯まるとも言われていて、私はこれを聞いただけでパキラを置きたくなりました笑

金運をアップさせたい場合は、トイレの北側に置きましょう。

 

パキラの育て方

パキラの水やりは、毎日ではなく、表面の土が乾いてからたっぷり与えるようにしましょう。
湿った状態での水やりなどは、根が腐ってしまう原因になりますので、気を付けてくださいね。
パキラは寒さにも強い観葉植物です。
室内気温が5℃くらいあれば大丈夫です。
明るい室内がベストですが、窓のないトイレなどの場合は、天気の良い日には外で日光浴させてあげましょう。

風水で恋愛運アップ! トイレにお勧めの観葉植物その5 ポトス

ポトスは生命力が強く、見た目もかわいらしい観葉植物で、ツタ状に伸びることから「縁が伸びて絡まりあう」と、恋愛運アップの効果があると言われています。
ポトスは繁殖力もあるので、恋愛だけではなく人間関係も良好にする運気が期待できます。
私も良縁に恵まれて、長く絡まりあいたいと思います・・・。

恋愛運アップの効果を高めるには、トイレの南西に置くのが良いでしょう。
プラスチックの容器ではなく、風水的には陶器製やガラス製の容器で置くのが最適です。

 

ポトスの育て方

ポトスの水やりは、表面の水が乾きだしたタイミングで、たっぷりの水を与えます。
受け皿に水が染み出すまで与えて、溜まった分はきちんと捨てましょう。
冬場は土が完全に乾いてから、1日か2日経ってから、同様にたっぷりの水やりをします。
葉っぱの乾燥を防ぐために、葉水も忘れないでくださいね。
ポトスは耐陰性があるので、日当たりが良くないトイレでも、蛍光灯や電球の明るさが十分あれば大丈夫です。
とはいえ、ポトスは日光が好きな観葉植物ですので、強い直射日光は避けつつ、適度に日光浴をさせてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は風水上、トイレに置く観葉植物で、良い効果をもたらすものをご紹介しました。
自分に合った目的で、風水の効果を高めつつ、トイレを観葉植物で素敵な空間にしてみませんか?
観葉植物の育て方もご参考にしていただければ幸いです。

関連記事:浄化作用のある観葉植物はこちら

タイトルとURLをコピーしました