トイレの風水総合案内

トイレ

風水でトイレの環境を整えておくことは、恋愛運や健康運、金運アップに繋がります。

逆にトイレの環境が悪い状態になっていると運気は大きく落ちてしまうので注意が必要。

では具体的にどうやったら良い環境になるのか、悪い環境になるのかってわからないことも多いですよね。

何気なくしてしまっているけど、実はトイレのNG行為だったり、置いてはいけないアイテムを置いてしまったり・・・などなど。

この記事ではトイレの風水術をまとめていますので、運気アップの参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

風水的にトイレの環境が重要とされる理由

ご自宅に風水を取り入れて運気アップをしたいと考えるときに、真っ先に整えるべき生活空間がトイレとされています。

古来からトイレは不浄の場とされ、忌み嫌われる空間であったため、家の中ではなく外に作られていました。

今でこそ水洗トイレが普及し、家の中の間取りに組み込まれて清潔感のある場所にはなっていますが、トイレの水が汚水であることには変わりません。

汚水から出る良くない気は、災いとなる邪陰を運んでくると言われています。

これをそのままにしておくと、健康を害したり全体的な運気も下がっていってしまうので、しっかりとした対策が必要というわけです。

 

風水的トイレのNG行為

風水的にトイレでやってはいけないNG行為をご紹介します。

金運や健康運に悪影響を及ぼす行為なので、絶対に避けるようにしましょう。

トイレのNG行為 長居

トイレは良くない運気が溜まってしまう場所。長居をすればするほど悪い運気を身に纏ってしまうことになるので注意。

さっさと用を足したらさっさと出るようにしましょう。

 

トイレのNG行為 トイレマット・スリッパを使っていない

トイレは不浄の場なので、トイレマットが無かったり、スリッパを履かずに直に入っていると悪い気が足についてしまいます。その足で部屋を歩き回ったら部屋中悪い気だらけに。

部屋履きのスリッパでトイレに入ってしまうのも同じことなのでご注意を。

 

トイレのNG行為 カレンダーを飾っている

トイレにカレンダーを貼ってその日の予定を立てたりしていると、良く無い運気のもとの計画になるので、うまくいきません。

参考記事:トイレにカレンダーを貼ってはいけない理由

 

トイレのNG行為 家族写真を飾っている

不浄の場に家族を置きざりにしているようなものなので、もちろん良いことはありません。

もし家族写真を飾ってある場合は即刻外しましょう。

 

トイレのNG行為 新聞・雑誌・漫画・スマホを持ち込む

トイレに新聞・雑誌・漫画・スマホを持ち込むのは長居にも繋がる行為なのでNGです。

トイレに本棚を設置してあるのもNG。

トイレに置いてあるトイレットペーパー以外の紙類には厄がつくので置かないようにしましょう。

その他トイレのNG行為についての詳しい記事はこちら

 

風水でトイレに取り入れたい色・カラー

風水を使ってトイレから運気を上げていこうとするなら、壁紙やトイレマット、スリッパなどの小物類まで色を意識してみましょう。

殺風景になりがちなトイレですが、清潔で明るい雰囲気にすることで運気アップができますよ。

 

トイレマットのおすすめカラー

トイレマットは必ず使いましょう。淡いパステル系の色がおすすめです。トイレマットについては、方角別のおすすめカラーなどこちらの記事で詳しく解説しています。

 

トイレの壁紙のおすすめカラー

トイレの壁紙も風水的に良いものにしておきましょう。手軽に貼り替えができる壁紙も販売していますし、方角別に適した色の壁紙を利用することでトイレの印象もガラッと変わり、運気アップが期待できます。

詳しい記事はこちらです。

 

トイレの方角別のトータルラッキーカラー

トイレの方角別にラッキーカラーを取り入れて運気アップをしてみませんか。トイレの基調カラーにしても良いですし、小物などを活用して差し色として使うでも良いです。

方角別のラッキーカラーについて解説している記事はこちらです。

 

トイレの置物について

陰気なトイレには置物を置いて運気アップをしたいところ。さて、風水的にどんな置物がおすすめできるのか、逆に置くと良くないものはどんなものか、などを解説していきます。

 

パワーストーン・水晶

パワーストーンの代表格である水晶(クリスタル)や紫水晶(アメジスト)がおすすめです。強力な浄化作用でトイレの陰気を和らげます。水晶のさざれ石と組み合わせておくのが良いですよ。

 

木炭・竹炭・活性炭

木炭や竹炭、活性炭には消臭効果もあり、悪臭の元を断ちます。陶器や天然素材の入れ物に入れておくか、ネットに入れて吊るすなどが良いでしょう。くれぐれも床に直置きはしないように。炭は定期的に煮沸消毒をするようにしましょう。

 

龍の置物

龍の置物はトイレに置くことはおすすめしません。龍の置物は基本的に玄関に置くように。

 

犬の置物

犬は落ち着きのない動物の象徴で周りの気を乱す存在とされ、風水的にはあまり歓迎されていません。トイレにも置かない方が良いでしょう。

 

象の置物

象の置物もトイレにはおすすめできません。象といえばインドの神様であるガネーシャが有名ですが、

 

猫の置物

トイレに猫の置物は風水ではおすすめできません。猫の置物だけではなく、猫の写真やグッズなども同様です。猫は「火の気」に属するので、「水の気」であるトイレとは相性が悪いのです。

 

貯金箱

風水的にトイレに貯金箱を置くと、お金が不浄の場に穢されてしまいます。邪気まみれのお金は持っていても何一つ良いことはありません。よってトイレに貯金箱は絶対NGです。

 

魚の絵

魚の絵をトイレに飾るのはアリです。金運アップ効果を期待したいなら金魚の絵、仕事運をアップしたいなら出世魚の絵が良いでしょう。正確には魚の絵ではありませんが、イルカの絵も心を落ち着かせる効果がありおすすめです。

 

動物の絵

動物の絵は基本的にトイレに飾ることをおすすめはしませんが、飾るのであれば肉食動物などの荒々しい印象のものではなく、草食系の可愛らしい動物にしましょう。

 

花の写真

花の写真は陽の気を巡らせてくれます。生花や観葉植物を置けるのがベストですが、窓がないトイレの場合は美しい花の写真で代用しましょう。写真のフレームも華やかで明るい雰囲気のものを選ぶように。

写真や絵画をトイレに置く場合、紙は邪気を吸収してしまうということを念頭におきましょう。飾ってしばらくは良い雰囲気に感じても、時間が経って「澱んでるな」と感じられるようになったら「替え時」です。そのまま飾りっぱなしにしておくと運気はどんどん下がってしまうので要注意。

替え時に替えられる自信がない場合は他のアイテムを検討しましょう。

 

ひょうたん

悪い気を吸い取ると考えられているひょうたんは、置き場に困らなければトイレの置物としてもOKです。まめに磨いてあげて綺麗な状態を保ちましょう。

 

流木

流木はお洒落な置物のイメージもありますが、(災害などで)流れ着いた物・朽ちた物のような負のイメージが強いため、あまりおすすめできません。

 

人形

トイレに人形、特に布製の人形はもっての外です。厄がついて良くない運気が溜まるだけですので置かないようにしましょう。

 

トイレの向きについて

トイレの向きによって運気は異なるのでしょうか。方角別に気をつけるべきポイントなどを解説していきます。

北向きのトイレ

北向きのトイレは日当たりが悪く、暗い印象になりがちです。照明は明るいものにしましょう。点けっぱなしにしても良いかもしれません。壁紙や天井、床のカラーは白系・クリーム色などがおすすめです。

 

南向きのトイレ

南向きのトイレは「火の気」の方角と「水の気」を持つトイレの組み合わせとなるので、バランスを整えることが重要となります。具体的には「木の気」を持つアイテムを活用すると良いでしょう。観葉植物は生花などがおすすめです。

 

西向きのトイレ

西の方角は金運と関わるため、西向きのトイレはあまり歓迎されません。水が流れることから、金運も流れていくとの考えからです。

 

東向きのトイレ

東向きのトイレは木の気を持つ方角なので、グリーン系の木を連想させるカラーや、ブルー系の水のイメージカラーと相性が良いです。逆に金・銀・黄色とは相性が良くないので気をつけましょう。

 

トイレの風水まとめ

トイレは狭い空間ですが風水的に重要且つ風水術を取り入れやすい場所です。まずは整理整頓、清潔感を意識して清掃を欠かさないようにしましょう。

どんなに運気アップの風水アイテムを置いたとしても、トイレそのものが汚れていては絶対に風水効果はあがりません。

明るく清潔で良い香りがするトイレを心がけてください。

 

タイトルとURLをコピーしました