風水でトイレと鏡の関係は? 運気を逃さない3つの効果

トイレ

風水では、トイレは不浄の場とされ、鏡は入ってきた気を跳ね返したり、増幅させたりする効果があるとされています。

単純に、トイレに鏡を設置すれば、良くない気を跳ね返してくれそうと思いがちですが、実はそう簡単な話ではありません。

風水では、鏡の使い方ひとつで運気が上がったり、逆に下がったりしますので、鏡の設置については気を付けなければいけないのです。

ここでは、トイレに鏡を設置する際に注意すべき点、鏡の効果的な使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

トイレに鏡を設置するのは風水的にどうなのか

風水上の鏡の効果

風水の考え方で、鏡の持つ効果は大きく3つあります。

ひとつ:鏡に映ったものの効果を増幅する効果

ふたつ:「気」を跳ね返す効果

みっつ:「気」を吸収する、溜める効果

「気」については、良い気も悪い気もありますので、鏡を設置する時には、「悪い気は跳ね返し、良い気は吸収して溜める」を意識すれば良いということですね。

個人宅では家族やきれいな景色、活力のある植物など、陽の気があるものを映すことで、それらがもたらす効果が増幅されます。

飲食店などの来客で成り立っている業種では、レジが映る位置に鏡があれば、商売繁盛の気が増幅され、売り上げアップに繋がる風水効果が期待できます。

しかし、逆のことも言えますので気を付けましょう。

鏡の使い方を間違えてしまうと、「良い気が跳ね返され、悪い気が吸収されて溜まってしまう」状況になってしまいます。

これは絶対に避けなければなりませんね!

悪い気を生み出すものの代表格は「ゴミ」です。生ごみは臭いも伴いますので、絶対に鏡に映らないようにしましょう。

活力を失った枯れた植物なども、風水的には負のエネルギーです。

植物以外でも、古新聞や古雑誌、壊れたものなども悪い気の象徴ですので、これらも鏡に映る場所には置かないようにしましょう。

トイレに鏡を設置するには

風水の観点からすると、トイレに鏡を設置することはおススメできません。

トイレは不浄な空間とされ、鏡の効果で悪い気を跳ね返そうとしても、陰の気が大きすぎて跳ね返せません!

と考えればわかり易いと思います。

とは言え、現代においてはトイレは単に用を足すだけではなく、身だしなみを整えるためのドレッサーなども併置されていたりすることもありますよね。

中国5000年の歴史の粋を集めた風水ですが、さすがに生活様式の変化とともに現代化されて解釈されることも必要と言われています。

積極的にトイレに鏡を置きましょうとは言いませんが、どうしてもトイレに鏡を置かなければならない場合、扉を開けて正面に鏡があったり、便座が映り込んだり、排泄中の姿が映り込む位置に鏡があったりすると、悪い方向に運気が流れていきますので、絶対に避けるようにしましょう。

トイレに鏡を設置する場合は、座った姿や便器が映らないように、立った時に顔が映る位の高さで、尚且つドアの正面ではなく横側に設置するのがベストと言えます。

あくまでも、どうしてもと言う場合ですので、気を付けてくださいね。

<スポンサーリンク>

まとめ

風水では鏡は運気を増幅したり、気を跳ね返したり、吸収する効果がある

風水的観点から、トイレに鏡は置かないほうが良い

どうしても置く場合は、トイレの正面の位置、便座や排泄中の姿が映らないようにする

以上、参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました