風水 間取りで一人暮らしの1Kや1LDK 恋愛運 金運 仕事運に最適なのは?

恋愛

一戸建ての家を建てる場合は間取りを事前に決めることが出来ますが、賃貸の場合はそうはいきませんよね。

進学や就職で一人暮らしの新しい生活を送るのに、1Kや1LDKの部屋を借りることが多いのではないでしょうか。

一人暮らしは何かと大変ですので、部屋の環境を良くして運気を良い状態にしておきたいものです。

少しでも部屋の環境を良くしようと考えるなら、間取りによって家相や風水で運気アップの方法を取り入れることは重要になってくると思います。

そこで今回は1Kや1LDKの間取りで一人暮らしをする人の恋愛運や金運、仕事運を上げる風水についてご紹介致します。

これから一人暮らしをする方も、すでに一人暮らし中の方も、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

一人暮らしでも間取りはなぜ大事なの?

家相」という言葉を聞いたことはありますか。

「家相」も「風水」も中国からきた環境学の一種なので、聞いたことがある方でも、両方同じと考えている人もいるかもしれませんね。

環境学という点では同じですが考え方に違いがあります

家相の場合はその(間取りの)家に住むことでどんな生活になるのかという考え方です。

家の間取りに限定して運気向上を試みるのが家相になります。

それに対して風水は土地の地脈や自然のエネルギーをうまく取り入れ、運気を上げようとする考え方です。

間取り以外にも衣・食・住の幅広い観点から運気向上を試みるのが風水です。

しかし家相(間取り)が悪ければ風水効果に大きく影響するため、家相は大事な要素になっています。

ここからは良い間取りと悪い間取りを解説しますので、これから引っ越しを予定している方は、部屋を選ぶ参考にしてください。

すでに一人暮らしを始めている方は、もし間取り的に良くない部屋だとしたら、風水を取り入れて運気を上げていきましょう!

スポンサーリンク

一人暮らしの1K・1LDKで風水的に望ましい間取りとは?

居心地の良い部屋とはどういう部屋なのでしょうか。

「良い気が循環しやすい間取りの部屋」というのが風水の考えになります。

気が循環せず停滞している間取りでは、やる気が出ないといった喪失感を抱きやすくなりますので避けた方がいいのです。

では良い気が循環しやすい間取りというのはどういう間取りにすれば良いのでしょう、どうせなら居心地の良い部屋に住みたいですよね。

どんな間取りが良くて、どんな間取りは避けた方がいいのか解説します。

 

風水的に望ましい間取り 理由
①トイレやお風呂に窓がある。 トイレは臭い、お風呂は湿気が溜まりやすいため、窓があることで開運効果があります。
②リビング、寝室は東南に配置。 東南はどんなものを配置しても良い場所です。

一番過ごす時間が多いリビングや寝室を置くと恋愛運、結婚運、人気運などがアップします。

1K間取りの場合はベッドの位置を部屋の中心から東南に配置。難しい場合は枕の向きを東南に向けましょう。

③明るさ、静かさがある。 ストレスを抱えず気持ちよく暮らすためにも窓があり明るい部屋、周りの生活音がうるさくない部屋を選びましょう。

 

 

風水的に望ましくない間取り 理由
①狭すぎる空間。 狭すぎると気の循環がしづらい状態になります。

気が循環しないと運気は停滞してしまいます。

観葉植物を置いたり、照明を明るくしたり、開放感のある絵を飾るなどして対策しましょう。

②玄関の突き当たりに窓がある。 玄関から入った良い運気がそのまま窓から通り抜けてしまいます。この間取りに住んでいる場合は、のれんや仕切りなどを利用して良い気が留まるように対策を。
③玄関の横すぐにトイレがある。 トイレは陰のスペースです。

玄関の横にすぐトイレがあると陰のスペースと混ざり良くないです。

この間取りに住んでいる場合は、トイレ付近に観葉植物を置きましょう。玄関に入ってトイレに目が行く前に、観葉植物が目に入るように置くのがポイントです。

観葉植物が陰の気を緩和してくれます。

 

これから部屋を探す場合は意識してみてください。

関連記事:玄関の運気アップの方法

関連記事:トイレの運気アップの方法

スポンサーリンク

一人暮らしの風水 恋愛運を上げる1Kや1LDKの間取りとは?

賃貸の場合、玄関の方角やトイレ、キッチンといった水回りの場所も決まっています。

決まった方角に対して風水効果のあるラッキーアイテムを置くことで運気を上げていくしかありません。

恋愛運を上げたい人に一番オススメなのはベッドの位置を「桃花位(とうかい)」に置くことです。

桃花位とは、個人的なラッキー方位であり自分の生まれた年の干支で決まります。

下表を参考にしてください。

干支

桃花位

干支

桃花位

子(ね)

西

午(うま)

丑(うし)

未(ひつじ)

寅(とら)

申(さる)

西

卯(う)

酉(とり)

辰(たつ)

西

戌(いぬ)

巳(み)

亥(い)

私は兎年(卯)なので、桃花位は北。

部屋の北側にベッドを置いて気持ちも前向きになってます。

 

あなたも桃花位にベッドを置いて恋愛運をアップさせましょう。

ベッドカバーや枕カバーなどにピンク色を取り入れると更に効果的です。

 

逆に絶対に避けてほしいことがあります。

玄関から寝室が筒抜けに見えるようにしないことです。

玄関から気が入ってきたら、まっすぐ部屋の奥にいって部屋全体に気が入るのが理想です。

玄関の奥に寝室があると運気を損ねてしまいます。

これは大凶ですのでよく覚えておきましょう。

一人暮らしの1Kや1LDKの場合も、玄関からベッドが丸見えにならないように気を付けてください。

衝立やのれんなどを活用しましょう。突っ張り棚などもおススメですよ。

 

関連記事

寝室の方角別風水

金運を上げる1Kや1LDKの間取りとは?

金運は誰でもアップさせたいと思っているのではないでしょうか。

一人暮らしの1Kや1LDKで簡単に出来る金運アップの風水として幾つかご紹介いたします。

 

①玄関に入って左側に鏡を置く。自分の頭全体が映る位置が鏡を置く高さのベスト位置になります。鏡の形にはこだわらなくても大丈夫です。自分の気に入った形を選びましょう。

 

②丸い家具を置く。丸い形のものは気の流れを円滑にする効果があります。金運だけではなく全体運アップの期待が持てます。

 

③大きな葉の観葉植物を置く。金運をアップしたいなら観葉植物を置くのがオススメです。葉の大きい植物が金運をアップしてくれると言われていますので大きな葉の観葉植物を選びましょう。観葉植物を置く吉方向は西から北西です。

どれも決して難しいことではありませんよね。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

[ad]

仕事運を上げる一人暮らしの1Kや1LDKの間取りとは?

仕事運をアップして出世し、給料アップを図りたいと考えている人もいると思います。

仕事運は金運にも関係するためアップさせたいですよね。

1Kや1LDKで簡単に出来る仕事運アップの風水として幾つか紹介いたします。

参考にしてみてください。

 

①デスクは部屋の東に置く。東は発展運や成長運をアップしてくれる方角になっています。机と椅子は、その人が仕事に対する姿勢を表す物になります。しっかりした作りの机と椅子を選びましょう。

 

②楕円形のテーブルを置く。楕円形は人間関係を円滑にしてくれる効果があります。仕事ではもちろんですがプライベートでも良好な人間関係を築く効果がありますので楕円形のテーブルは仕事運をアップさせるにはオススメです。角が丸いものを選ぶと気の流れをスムーズにしてくれます。

 

③南の窓に観葉植物を置く。南は直感や美的センスを司る方角です。仕事でいいアイデアを得たい時は南側のパワーを発揮しましょう。南側に窓が無い場合もあるかと思います。その場合は部屋の南側に観葉植物を配置するだけでも開運効果が望めます。

仕事運アップの風水も決して難しいことではありませんよね。

ぜひ試してみてはいかがですか。

スポンサーリンク

1Kや1LDKの一人暮らしでも風水間取りで運気をアップさせよう!

いかがでしたか。

1Kや1LDKの間取りでも、風水を取り入れることで恋愛運や金運を上げることが出来ます。

紹介した風水は決して難しいものではないと思います。

やろうと思えば簡単に出来ますよね。

一人暮らしを始めたばかりだったり、引っ越ししたりと、生活環境が変わることで気が落ち込んだり、なぜか不運が重なったりすることもあるかも知れません。

そんな時は、良い気が循環するように、部屋に風水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

より良い暮らしになるようにお祈りしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました